海上釣堀で青物狙いに活アジをつける方は多いですが、時期によっては活アジを手に入れるのが難しい場合があります。そんな時におすすめなのがウグイです。

海上釣堀でウグイを使う理由

青物は活アジで狙われる方が多いですし、実際それでよく釣れます。そのため、青物狙いなら事前に活アジを用意しておきたいところです。

ですが、活アジは時期によっては釣具店に入荷されていないこともあり、現地でも販売されないことがあります。また、入荷されていたとしてもアジのサイズが大きすぎて青物が食わない・・・なんてこともあります。

そこで、ちょうどいいサイズのアジが手に入らない時はウグイ(銀兵)が絶大な効果を発揮します。

ウグイは淡水魚なのですが、生命力が強く海水に入れてもずっと元気なままです。また、銀色の魚体がギラギラと光を反射させて青物にアピールしてくれます。そして、何より淡水なのでシラサエビを一緒に入れておくことが可能なので荷物を減らせるという大きなメリットがあります。

ウグイの付け方

ウグイの付け方はアジと同じように背掛け、鼻掛け、口掛け、上顎掛けといろいろな付け方がありますが、私は上顎掛けにすることが多いです。

これには理由があって、鼻掛けにすると針から外れてしまうことが多々あったのと、背掛けや口掛けは弱りやすい傾向があったので、針から外れにくくて活餌が弱りにくい上顎掛けをメインで使うようになりました。

ただし、これは使う仕掛けにもよるので一概にこの掛け方がいいとは言えないので、ダウンショット仕掛けにする時は上顎掛けにして、クッションシンカーを使ったオーソドックスな海上釣堀仕掛けにする時は背掛けにするなど、ご自身のやりやすい好みの掛け方を探して下さい。

ちなみに、ウグイは元気が良すぎるので、オモリが軽いとあちこち泳ぎ回って他の人と仕掛けが絡まるのでご注意下さい。オモリを重くしても動きを制御できない場合は尻尾を切るといいでしょう。

ウグイの管理方法

ウグイは生命力が強いので、アジほどシビアに管理しなくても大丈夫ですが、それでも夏場は水温が高くなってしまうので弱ってしまいます。

そこで、私はクーラーボックスを改造してウグイの持ち運びに使っています。クーラーボックスなので夏場でも水温を一定に保てますし、温度計もつけてしっかり管理しているのでウグイが弱ることはありません。

→自作アジカンクーラーボックス

ウグイの効果的な使い方

ウグイが青物に絶大な効果を発揮するのは周りがみんなアジをつけている時です。しかも、みんなが大きいサイズのアジしかつけていないとなるとウグイで一人勝ち!なんてこともあり得ます。

海上釣堀はエサのローテーションが大切とよく言われますが、本当にその通りで、当たり餌はその日によって違うので手数が多い方が当然有利になります。誰も使っていない餌で当たると一人勝ちも可能です。

そして、ウグイは使っている人が少ないので当たれば一人勝ちもあり得るというわけです。

なので最近はウグイを買って行くようにしています。活アジはウグイに反応がなく、周りが活アジでしか釣れていないというときのみ現地で購入して使うようにしていますが、ほぼウグイで事足りています。

まとめ

ウグイは活アジが入手困難なときや、活アジのサイズが大きいときに効果があります。そして、他の人が使っていないウグイで当たれば一人勝ちもあり得る面白い餌となっています。

ただし、基本は餌のローテーションになるので、活餌で反応がなければ冷凍餌を使うなどいろいろな餌を試してみることをおすすめします。

この記事を参考に青物をたくさん釣って下さいね。